無意味なブログ

勉強のこと、趣味のこと、日記など適当に

MENU

ESP-ADFのサンプルをESP32-LyraTD-MSCで動かす

ESP32-LyraTD-MSCを買ってESP-ADFのサンプル(play_mp3)を実行しました。
// 今回から記事編集をはてな記法からmarkdown記法に変えました。

ESP-ADFのサンプル(play_mp3)を動かしてみた動画

ESP32-LyraTD-MSCESP-ADFのサンプルプログラム(play_mp3)を実行してみました。

参考サイト

ハマったところ

  • 起動方法

    • 電源供給用USBとデータ通信用USBをPCにつなぐ
    • スライドスイッチを動かして電源ON
  • make flash時に以下のエラーが出る

    • A fatal error occurred: Failed to connect to ESP32: Invalid head of packet (0x08)
    • ボードをupload modeにしていなかった
    • Bootボタン押しながらResetボタン押下でupload modeに変更
  • ESP-ADFのexampleについてmake flash monitor -j5してプログラムを実行した際以下のエラーが出た

  • サンプル実行時E (60) ES8388_DRIVER: es_write_reg errorというログがたくさん出て、音が出ない

    • https://github.com/espressif/esp-adf/issues/18
    • どうやらこのエラーはLyra32Tボードに搭載されているチップに関するもののようだ
      • Lyra32T仕様でビルドしてしまった?
    • make menuconfig -> Audio HAL -> Audio board -> ESP32-LyraTD-MSC V2.2を選択
    • makeし直し
    • エラーログ消えた、音再生できた
  • Eclipseを使ってhello_worldをビルド

    • 参考 : https://docs.espressif.com/projects/esp-idf/en/latest/get-started/eclipse-setup.html
    • 以下のエラーが出た
      • /bin/sh: python2: command not found
      • どうやらEclipseからpython2が見えていないらしい
      • python2のパスを設定に追加
    • またエラーが出た
      • make: *** [check_python_dependencies] Error 1 The following Python requirements are not satisfied: future>=0.15.2 cryptography>=2.1.4 pyparsing>=2.0.3 Please refer to the Get Started section of the ESP-IDF Programming Guide for setting up the required packages. Alternatively, you can run "/usr/local/opt/python@2/bin/python2.7 -m pip install --user -r /Users/XXXX/esp/esp-idf/requirements.txt" for resolving the issue.
      • そういえばesp-idfの方は前ビルドした時python2を使っていなかった
      • /usr/local/opt/python@2/bin/python2.7 -m pip install --user -r /Users/XXXX/esp/esp-idf/requirements.txtを実行
    • 19:28:32 Build Finished. 0 errors, 0 warnings. (経過 11s.167ms) できた

まとめ・所感

  • ESP32が搭載されたオーディオシステム開発用ボードESP32-LyraTD-MSCを買った
  • 音声認識用にDSPがついているということだったので音声認識部分を期待して買った
  • ESP-ADFの音声認識部分についてAPIを見てみると、英語の場合は"Alexa"しか認識できないらしい(中国語だと数種類認識できる)
  • 今のところESP-ADFの音声認識部分はあんまり使えなそう